FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
縄の感触
2011-05-03 Tue 21:11


ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

ホテルにはいり、洋服を着たまま
縄で縛り上げられる。
彼とホテルに入るのは今日が始めて。
縄で縛られるのも今日が始めて。
チャットで知り合った彼。
最初はチャットで弄られて、淫らな姿を報告して。
互いにそばにいたこともありほどなくお酒や食事をする間になり
そんなときにはプチ露出?のようなことも楽しんできた。
席でパンティを脱ぐように命令されたり
ノーブラで露出や、歩きながら濡れ具合を確かめられたり。

でも今二人の間に流れる空気はいつものそれはまったく違う。
全身を縄で固められ動くことのできない姿で
片足をあげたままの状態で梁に固定される。
ボタンをはずし、縄の隙間からブラウスをはだける。
あらわになった胸元からこんどはブラをずらす。

縄の間から押し出されるように歪んだ形の乳房と
自分でも驚くほど硬く尖った乳首。
彼はその乳首を摘むと、そのまま切れるかと思うほど強くひねり
さらに乳首をひっぱり片足でふらふらとする私の身体をゆらす。

「痛い、痛いよー」

涙が流れる。
彼は表情ひとつかえず、乳首を握りつぶしてはその乳首で私の身体をゆらす。

「乳首、起ってるよ。いつもより硬くなってるよ。」
「痛いんじゃなかったの?」

そういいながら、コリコリに勃起した乳首を数回なでたと思うと今度は

「痛いだけかな?聞いてみようかな。」

というと
つるされた私の足元に座り、スカートを捲りその部分をじっと見つめ
その部分にツツーっと指を這わせる。
その指が止まり次にはトントンと軽くその部分をたたく。

ピチャピチャ

下着からも溢れるほどぬれいてるおまんこからは
いやらしい音が聞こえてくる。


「どうしたんだろね、この音」

そういいながら立ち上がると次に出してきたのははさみ。
そのはさみで硬く尖った乳首を2.3回つつくと
足元にしゃがみこみ、いきなりパンティを切り裂く。
あらわになった私のおまんこからは黒々した毛を伝い
刻まれたその切れ端までつながったトロリとした白濁液が
糸を引いていたのだった。


別窓 | 支配 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
淫乱な道具
2009-08-01 Sat 15:44


ランキングに参加しています。
クリックしていただけることもみなさんのマウスが私の乳首に触れてくれることがとても嬉しいです。私を使ってください。お願いします。



それからも毎朝の電車の中での淫靡な一時は
私自身の淫乱さを私自身の体に刻み込むように続けられました。
電車の中で彼の熱く猛り立ったものに触れるたびに
あの夜、私のおまんこを貫いた彼のそれを思い
電車の中ということも忘れそうなほどに感じてしまうのでした。

それからほどなくして私達は2度目の逢瀬を迎えました。
今度は偶然などではなくあらかじめ約束のある逢瀬です。
朝、普通に通勤電車に乗りこれから自分の身に起こることに思いをめぐらし
いつも以上に感じています。
駅でトイレの前を通ると下着をはずすように命じられます。
今日の洋服は彼の指定したもので、薄地のツインニットです。
スカートも膝上の短めのフレアです。

しかし私は彼の命ずるままトイレへ向かい下着をはずし
はずした下着を彼に差し出します。
そして乗り継ぎの電車へ乗り込みます。
乗り継いだ電車も大変な混雑です。
そんな中で私は彼の道具として、彼の愛を受け入れます。
蔑むような目つきと、透けたニットからはっきりとわかる硬く勃起した乳首、
ストッキングも下着もなく淫乱汁垂れ流しとなったおまんこと
硬く尖ったクリトリスへの快楽と痛み。
その全てに身を委ねます。

透乳首

彼の視線に捕らえられ、目もそらせぬまま乳首を愛撫され
そのあまりの激痛に息が荒くなったとき

・・・他の場所にも、
そう、下着もつけず晒されたままの
淫乱汁垂れ流しのおまんこに、別の刺激を感じます。
驚いて、その刺激から逃れようと身をよじろうとしたとき
彼がその動きを封じ、冷たく笑いながら更に乳首をねじり上げます。

・・・私には黙って受け入れるしか選択肢がないことを今更ながらに知るのでした。
彼に即され、体の後ろから与えられるその刺激を受け入れやすいよう
足を開き乳首は彼に、クリトリスやおまんこは見知らぬ男に
ときにクリトリスを彼に、おまんこをその男に弄られながら達してしまうのでした。

わずか20分足らずのその電車をおりたときには歩けないほどフラフラになっていました。
しかし、私を支えながら見つめる彼の目は冷たい微笑みをたたえていました。
駅を出て、ホテル街を目指しながらやっとの思いで歩を進めていると
突然、人目につかぬビルの陰に引き込まれ壁に手をつかされると
スカートをめくりあげいきなり彼のチンポが挿入されました。

・・・感じました。

その瞬間自分のおまんこが痙攣し受け入れた彼のチンポを締め付けるのを。
彼の動きが始まると街中ということも忘れ、悦びの叫びをあげ彼と一緒に腰を振り
あっという間に達してしまいました。

おまんこから彼の精子が溢れだしてくると
それを指ですくい舐めていきます。
自分の淫乱汁と彼の精子のまざったそのどろりとした液体は
道具となった私には相応しい味がしました。

通りにもどると、スーツを着たサラリーマンやOLが
駅をめざし早足に歩いていきます。
太陽のまぶしい朝の風景のなかで
そこだけが繰り抜かれたような空間のなかで
自分の中に宿る魔物に取り付かれた自分の前で立ち尽くす私がいました。
別窓 | 支配 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
悦びの中で
2009-07-26 Sun 15:57


ランキングに参加しています。
クリックしていただけることもみなさんのマウスが私の乳首に触れてくれることもとても嬉しいです。慰み者になりたいという私の歪んだ願望を叶えてくださる皆様に感謝します。


抜かれたそのバイブには
淫乱汁がドロリと糸を引いていました。
無言で近づけられたそのバイブを舐めて綺麗にしてゆきます。
いつ、だれがやってくるともわからぬその場所で。

彼はバイブが綺麗になるとそのバイブをしまい、
私を一瞥するとまるで何事もなかったように歩き出します。
その歩みは速くもなく、遅くもなくただ普通に歩いていきます。

しかし、私は知っていました。
彼のそれが熱く硬くなっていることを。
一旦は離れた彼に追いつくと彼は歩みを緩め
腰に手を回し私の体を引き寄せます。

「思った以上ですね。こんなに淫乱な女は見たことがありません。」

ふらつく私を支えながらも彼の責めはなおも続きます。

「硬く起った乳首が丸見えですよ。」

そして、その合間をみながら私の手を導き自分の熱く固くなった部分に
触れさせます。

「おやおや、どうしました。そんなに動かして。」
「ここは街中ですよ。」


そう、もう私には我慢ができなくなっていたのです。
その熱く硬くなったものが欲しくて欲しくて。
たった今逝ったばかりのおまんこからは物欲しそうに
汁が溢れだしてきます。

「街を歩きながら勃起した乳首を見せびらかし
一緒にあるく男の股間を撫でる女は
どう思われるのでしょうね。。。」

限界でした。

「ください。」

・・・またもや蔑みのまなざしが向けられます。

「欲しいです。ちんぽが欲しいです。
ちんぽをおまんこに入れてください。
このちんぽで私のおまんこをかき混ぜてください。」

「困りましたね。ここは街中ですよ。
めいは街中でもかまわずちんぽを欲しがるような淫乱だったんですね。」


その後も彼は時折服越しに硬くなった乳首の感触をたのしみ
私自身の淫乱汁を舐めさせたりしながら歩き続け
気づいたときには大きな公園に居ました。

そして、大きなトイレ、多分身障者用のものでしょう。のドアを開けると
無言で私をひきずりいれました。
ドアがしまるとジーっと私を見据えます。

「さぁどうしましょうか。」

薄ら笑いをうかべるその瞳で見つめられたときには
トイレの床にひざまづき彼のズボンのチャックを下ろしていました。

「困った人ですね、許可もしていないのに勝手に。」

しかしこのときはそのまま行為を続けることを咎められませんでした。

「素敵ですよ、薄汚いトイレの床にヒザマづいているその姿は。」

ズボンの間から引き出した彼のそれをマジマジと見るのは初めてで
それは私が感じていたのよりははるかに大きく
真上をむくほどにそそり立っていました。
無言のままそれを口に含むと、先からにじみでる液体を
吸い尽くし、淫らな音をたてて舐め上げます。

しばらくすると彼は一旦私のくちからそれを引き抜くと
便座に手をつき腰を高くあげるように命じました。

「足をひらいてスカートをあげなさい。」

下着はつけていなかったので丸見えになってしまいます。
戸惑っていると、

「ほぉ、あなたほど淫乱でも恥じらいますか。」
「生意気ですね、恥ずかしがるとは。
 あなたはただの道具です。感情は必要ありません。」
「さぁ、道具として私に提供しなさい。
 めいのおまんこは私の精液の掃き溜めです。」


しばしの沈黙のあとスカートをまくりあげ、足を大きくひらきます。

「さぁ、良くみせてごらんなさい。」

便器から手を離すと自らの指でその穴を大きく開きます。

「こんな格好をさせられているのにまだ溢れさせていますねぇ。」
「それにこんなにヒクヒクと動いて、動物みたいですよ。」

息をふきかけたり、指先だけを少しいれたりしながら彼の執拗な観察が続きます。

「お。。。お願いします。」

「なにをでしょう。」

「この穴を・・・。」

「おまんこを・・・。」

「使ってください。」

言い終わる前に彼の熱く猛り立ったものが挿入されます。
奥まで一突きされただけで膝が抜け座りこんでしまいました。

「立ちなさい。」

よろよろと立ち上がると完全に体勢を立て直す前に
再び、挿入されました。
たった今達したばかりの私のおまんこは
自分でも驚くほどに彼のそれに纏わりつきます。

「さすがめいのおまんこだな。」

激しいピストンがほんの数回くりかえされると
彼はチンポを引き抜き、私の口の中に白く濁ったものを
放出しました。

「飲むな!」

口に含んだまま今度はニットがめくりあげられ
その乳首を二本指でつままれ転がされたり潰されたりします。
口に精液をふくんだままなので声もだせず
ただされるままに数分間悶えていると
彼の唇が近づき舌先での愛撫に感じていると
突然、激しい痛みを感じました。

痛みが強くなり限界に達したとき
無意識のうちに口の精液を飲み込み同時に頭が真っ白になりました。
気づいたときには床に座りこみ、乳首からは血が滲んでいました。

おまんこがヒクヒクと痙攣しているのがわかります。
そのままどれほどのときがたったのでしょうか。

「出ましょうか。」
彼の静かな声が響きます。
「支度をしましょう。」

彼とともに乱れた髪と洋服を整え
手を洗いドアを開け外に出ます。
そこには着たときと少しも変わらぬ風景がありました。

「思った以上ですね。」
「今までこんな相手に出会ったことがありません。」

そういわれるだけで息が荒くなってしまうのでした。
「いいですか、これからは道具ですよ。」

「・・・。」

「嫌なら止めましょう。めいのおまんこはただのセックスでも十分に役に立つ。」

「・・いえ、嬉しいです。」

「貴方の道具として使ってもらえるのは嬉しいです。」


「そうですか。」

そのままふたりは来た道を帰ります。
何事もなかったように。

来るときとはまったく違う二人となっていることを知っているのは
自分達だけでした。
別窓 | 支配 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
陥落
2009-07-09 Thu 21:18


ランキングに参加しています。
クリックしていただけることもみなさんのマウスが私の乳首に触れてくれることもとても嬉しいです。慰み者になりたいという私の歪んだ願望を叶えてくださる皆様に感謝します。


そう、彼の言うとおり私の身体は渇望していました。
硬く尖りまるで物のようになった乳首に・・・
そこだけ別の生き物のように蠢くおまんこに・・・

彼が、壁によりかかりながら悶える私を
上から下まで舐めるように見据えると

「これ、欲しいでしょ」

と手渡します。
それはたった今買ったバイブでした。
あまりの恥ずかしさに良く見もせずに手にしたそのバイブを
私の手に握らせます。

「ふふふ・・・。」
嘲りの笑い声が彼の口から漏れます。

「あぁ・・・、もう・・・。」
手にしたバイブをそそくさと自らおまんこの口にあてがいます。

そのときです。
「だれが使っても良いといいましたか?」
彼の鋭い視線が私を貫きます。

「あぁ・・・でも・・私、私・・・」

自らの手でバイブをあてたおまんこは
そのままバイブを引き込んでしまいそうなほどのヒクつきようです。

「なにかをしたいと思ったら先ほども言ったとおり、きちんとお願いをしなさい」
いままでとは違う厳しい声が私を包みます。
その瞬間におまんこから熱いものが溢れ出します。

「はい。」
「いれさせてください。」

恥ずかしさのあまりつぶやくような小さな声でお願いをします。

「聞こえない!」
「なんだ、お願いもできないのか?」
「なら、このまま行くか。」
「早くしないと人が来るぞ。」
「それとも垂らすほど濡らしてるその淫乱まんこを他の人にも見てもらうか?」


罵倒の言葉が続きます。
その言葉を聴きながら段々と意識が遠のき頭が真っ白になっていくのに
全身の感覚は研ぎ澄まされますます乳首を尖らせおまんこを濡らすのでした。

「お願いしますおまんこにこのバイブをいれさせてください。」
「おまんこをバイブでグジュグジュにかきまわしたいです。」


もう、他のことが入る隙はありませんでした。
ただ、手にもったその道具をおまんこに突き刺し
壊れるほどかき混ぜることしか考えられませんでした。

「すっかり道具だな、恥ずかしい姿だな。
 良く開いて見せてみろ、見せながらゆっくりと入れるんだぞ。
 良いというまで動かすな。」

完全に支配されていました。
彼の眼に、言葉に。
左手の人差し指と中指でどうにかヌメルおまんこを開くと
右手でその太すぎるとも思えるバイブをゆっくりと沈めていきます。

「ハァ、ハァ。」
自分の呼吸にすら感じていきます。
ゆっくりと挿入されたそのバイブをおまんこがまるで舐めるように
絡んでゆくのがわかります。

「あぁ、はぁ。。。いい。。。」
階段ということもわすれ声が漏れます。

「声出すと聞こえるぞ、それとも聞いてほしいか?」
「お前は淫乱だからな。」


ズチュっ、ズチュっ。
耐え切れずお願いもせずにバイブを動かしてしまったら
淫乱な音が響きわたりました。

「誰が勝手に動かして良いと言った?」
彼の手が乳首を抓りあげます。

「うっ。」

「ほら、声出すと聞こえるぞ」

彼の手がそれこそ千切れるのではないかと思うほどに
私の固く尖った乳首を抓りあげます。

「いたい・・・。」

彼がニヤリと笑います。

「お前は痛くても感じるんだな。」

バイブの周りに漏れているおまんこ汁を指ですくいながら
彼がいいます。
その指を私に舐めさせると

「欲しいんだろ、やるよ」
そういうとバイブを掴みゆっくりと挿入し
そいて引き抜きます。

ヌチャ、ズチュ。。。
嫌らしい音と誰かに見られてしまうかもしれないという感覚に
電源も入っていないたった今買ったばかりのバイブを
たった数回ゆっくりと出し入れされただけで
あっという間に達してしまうのでした。
別窓 | 支配 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
蔑みの愛撫
2009-06-25 Thu 22:57


ランキングに参加しています。
クリックしていただけることもみなさんのマウスが私の乳首に触れてくれることもとても嬉しいです。慰み者になりたいという私の歪んだ願望を叶えてくださる皆様に感謝します。


既に全身性感帯と化した身体を
彼は時にその視線で指先で責めながら場所を移します。

まずは元の駅へ戻り電車での移動です。
いつもとは違いその指先は私の敏感な部分までは届かず
しかし私の身体はそのわずかな刺激一つ一つに
ビクンビクンと敏感に反応します。
一旦は締めたカーディガンのボタンを上からゆっくりはずし
前合わせを大きく開きゆっくり舐めるように見つめると
ニットごしにすける乳首でその視線が止まり嘲笑が向けられます。

私の手には彼の熱くかたくなった部分が
揺れに合わせ押し付けられそして話されます。

電車を降りてからは無言のまま、そこに与えられる刺激を待ち望みながら
全身から牝のにおいを発散させ彼に従います。
やがて彼は立ち止まり言います。

「少し寄りましょうか。」

・・・そこはアダルトショップでした。
薄暗い夜の街とは違いまぶしいほどの明るさをたたえるその店へと
彼が促します。

「めいのおまんこに似合うと思うバイブを自分で買ってきてください。
 それから、包装をはずしてもらってもってきてください。」


ドアを開け二人入ったところで彼は私にお金を渡すと一人で店内を進んでいきます。
置き去りにされてしまった私は明るい光の下で
欲情したからだを晒し立ち止まっていましたが
やがて導かれるようにフラフラと店内を進みバイブの売り場に到着しました。
その瞬間にバイブでおまんこをかき回されている自分の姿がうかび
どうしようもない恥ずかしさを感じているのに
心臓は破裂しそうなほどどきどきし
乳首はさらに硬くなり、おまんこからは水道のように汁があふれ出しました。
夢中でその中の一つを掴むとレジへ向かいます。
レジには彼よりは少し年上の男性がおりなれた様子で金額を告げます。
持っていた札をそのまま手渡し、お釣が出され商品が袋に入れられようとします。

「あの・・・、すみません・・・。」

「はい?」

店員さんが頭を上げます。
その瞬間に彼の視線が私の勃起した乳首を捉えます。
いやらしく透ける乳首を見据えたまま嘲りの笑を向けながら

「どうしましたか?」店員が聞きます。

「あの・・・。」

「入れ物から出してください・・・。」

店員は乳首から目をあげ、今度は私の眼を見据えます。

「入れ物から出すんですね、入れ物はどうしますか?」
あからさまに軽蔑を含む視線でみつめながら聞きます。

「あ・・・一緒に・・・いれてください。」

頭が真っ白になっていきます。

早く。。。して。。。心が叫んでいるのに店員から視線がはずせません。

店員はゆっくりと商品を箱からだすと
わざと私にみせつけるように顔の前に出すと
無造作に袋に投げ込み

「お待たせしました」と嘲笑を添え、商品を手渡します。

定員からもぎ取るように商品を受け取ると
一目散にドアに向かいます。
その背中に店員の視線を感じながら。

ドアでは彼が冷たい視線で待ち構えています。
無言でドアを出るとそのまま階段の踊り場で私を壁に押し付け
スカートをめくりあげました。

「どうでしたか?買い物は楽しかったでしょ。」
「おまんこの汁が流れだしていますね。」
「欲しいでしょ・・・。」


流れ出した汁を内腿に伸ばしながら愛撫がつづけられます。
それは淫乱で変態な彼の道具が心から望む蔑みの愛撫でした。

別窓 | 支配 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 現実と妄想の間で・・・ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。