FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
デート
2013-08-31 Sat 17:52
banner上
ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

その後も宴は続き、男たちからかわるがわる
指や玩具で逝かされ続け途中からはほとんど記憶になく
ただ、あとから見せられた写真や動画などの記録によって
自分の中にある歪んだ欲望をまざまざと思い知るのでした。

そんなある日、仕事あとの彼との待ち合わせ。
今日は珍しく私が先に到着した。
ほどなくして、現れたのは彼ではなく
先日のカラオケに同席していたうちの一人。

「え!」
「なに、聞いてないの?
 今日は3人で食事だよ。」

「そうなの!?」
「嫌なのかよ?」
「嫌じゃないけど、聞いてなかったからさ。」

カラオケのメンバーとはもともと飲み仲間でもある。
普通に会えば、ごく一般的な友人なのだ。

と、そこに彼からのメール
少し遅くなりそうだからコーヒー屋で待ってて・・・と。

彼と通り向かいの喫茶店に入る。
壁に接しているカウンター席だ。
コーヒを買って座るなり

「こないだ、良かったよ。」
と舐めるような視線。
そう、彼が二人で指を入れてかきまわしたうちの一人なのだった。
「締め付けてたよねぇ、おどろくくらい。」
と人さし指で私の腕を撫でる。
「あれから何度か思い出してヌカせてもらったよ。」
「思い出すだけで硬くなるよ。」


そういうと私の手を自分の股間に導くのであった。
ズボン越しに伝わるその感覚は
十分に硬く、熱く脈打っているのさえ
伝わってくるようだった。

「はぁ・・・」
私の口からも吐息が漏れる
「あれ、めいちゃん、どうしちゃったの?
 なんだか目つきが違うよ。」
「もしかして、もう、濡らしちゃってるとか?」
「本当、淫乱だもんなぁ、めいのマンコは。」

耳元で吐息がかかるように次々と卑猥な言葉をささやく彼。
「あのときみたいにヒクヒク動いてるんだ。」
「もう、汁も流れてるんでしょ?」

そういうとカーディガン越しに胸のあたりを撫でる。
「ふふ、やっぱりね。」
「ほら、はずせよ。見てやるよ。」

彼の手がカーディガンのボタンをはずす。
その手をとどめようと彼の手を押さえるも
力がはいらない。

カーディガンの下はぴたりと肌につく超薄手の白のニット。
カーディガンがなければ、下着でいるも同然の状態。
さらに、彼と会う予定だったため色は黒。
ブラもパンティもそろいのレース地で、そして・・・オープンタイプである。

ボタンが外され前が開かれると心ばかりのニット地の下は
中央が大きくパッカリと割れ、その中央がプクリと持ちあがっている。
その中央の突起を彼が一瞬、強く抓る。

「はぁ・・・」
声とも吐息ともつかない音が唇から洩れる。
「どうしたの?声ださないほうがいいよ」

今や、完全に彼と私の関係は友人ではなく
あのカラオケの日の主と従に戻っていた。
別窓 | 淫具 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ある日の出来事
2013-05-14 Tue 13:26
banner上
ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
四つん這いになり、二人の男の指をおまんこに咥えこんだまま
あっというまに逝き果ててしまいました。

「すごい締め付けるマンコだな」

「指、ふやけてるぜ、ほら。」


彼らの指は私のマンコ液でふやけてシナシナになっていました。
その先にはドロリと白濁した液がついていて
目の前に差し出されたその指を朦朧とした意識のまま
舐めて綺麗にしていると、一度立たされその手を
座っているだれかの膝につかされ尻を高く持ち上げた体制にされると
途端に、後ろからおまんこをつきあげられます。

今、いったばかりの痙攣するおまんこに
彼の熱く硬いチンポが挿入されます。
一度深くつきさされたチンポがゆっくりと抜かれ
ゆっくりと挿入されていきます。
あるものはその結合部を写真に収め
別のだれかが私の硬くなった乳房を捻りあげます。

「いつもより締まってるじゃねーか。」
「やべ、おれ、すぐ逝っちゃうそうだ。」


チンポがマンコをグチュグチュとかき混ぜるおとがマイクで拾われ
いやらしくエコーして部屋中に響きます。
膝を借りているだれかは、私の顔のすぐ傍で
自分のチンポをしごいています。

そのチンポは硬く赤く燃えるようで
先からは透明な液がドロドロと流れています。

「ほらFのチンポ、お前の姿見てそんなんなってるぞ、
よーく見てみろよ。」


目の前でしごかれているそのチンポは
波打っているのがわかるほど膨れていて
いまにも逝きそうです。
そんなチンポをみせられてはおまんこが締まる一方です。
彼の抜き差しのスピードが速まります。

「ああああ!おまんこ擦れる。気持ちいいです。
 逝く、逝く、めいの淫乱まんこがいきます。
 皆さま見てくださいいいいい。」


彼のグラインドも、目の前のチンポのしごかれるスピードも
私のマンコの痙攣も最高のスピードに達したとき
目の前の逝きたったチンポから白いものがドロドロと吐き出され
マンコには熱いものを感じ、ガクリと両膝をついてしまいました。
他にも、同時に射精を迎えた男性もおり
カラオケの中の時間が一瞬とまりました。
別窓 | 淫具 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ある日のできごと。カラオケボックスにて。
2011-05-20 Fri 16:09
banner上
ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


「そろそろ終わるか?カラオケにみんなといるぞ、来る?」

「今、出るとこだった。ちょっとだけ行く。」

帰り際の誘いのメール。
でも・・・彼と会うときにはいつもの準備。
駅のトイレで下着をはずし、カラオケへ。
部屋に入るとそこには見慣れたいつものメンバー。
SMサイトで知り合い、定期的に飲み会を重ねた知り合いばかり。
けれど今日は女性メンバーがいない。
疑問に思う間もなく彼の隣の席に座らされまずは乾杯。のはずが
グラスを取り上げらかわりに彼の唇から唾液まじりのビールが注がれる。
頭がボーっとなるほどの長い長い口付け。
皆のギラギラとした視線が注がれる。

「上着脱げよ。」

今日は身体にぴたりとくっつく薄手のニットだ。
すでにこの口付けで私の身体は痛いほどに反応していた。
戸惑っていると

「見られるの好きじゃん、変態のくせに。」とむりやり上着がはがされる。

薄いニット越しに見える胸の突起は、硬く硬く尖っていた。

「見てもらえて嬉しいんだろ、見てくださいってお願いしろよ。」

ニット越しにグリグリと乳首を抓られて声が漏れる。

「ハァ・・・。」

そのまま乳首を引っ張られつま先立ちにさせられ
続いて今度は引きおろされ四つんばいにさせられる。

と、スカートを捲りあげられおまんこがあらわになる。

「足開けよ。」

言うことを聞けずにいると尻に平手打ちが入る。
 
「痛いっ。」と言いながらも中から熱いものが溢れてくる。

何発かたたかれ、強引に足を開かせられる。
周りから皆が私のおまんこを覗き込む。

「流れてるぜ。」
「すげぇ動いてるよ、めいのおまんこ。」
「噂どおりの淫乱だな。」


嘲笑まじりの声が飛び
突然おまんこに指が入る。
それも2人の指が。
それぞれの指がおまんこをかき混ぜる。
 
「あぁ・・・だ・・・め・・・。」
「い・・い・・。」

声にならない声が漏れると誰かが口元にマイクをかざす。
部屋中に響く自分のあえぎ声。

「ほら、大きい声出すと聞こえちゃうよ。」

唇を噛み声を押し殺してもエコーのかかる吐息の音が部屋中に響く。

まんこにもマイクがあてられる。

「すげぇ、まんこの音マイクで拾えるぜ。」

ハァハァという吐息と、グジュグジュというおまんこの音を聞きながら
気が遠くなっていくのを必死にこらえる。が
うっすらと見える視界の奥に男たちの服越しに勃起したものが見える。
そしてあるものは私の痴態を見ながら自分のそれをしごいている。

もう駄目。。。
沢山の男たちに見られていることも
カラオケボックスであることも忘れて叫ぶ。

「おまんこ気持ちいです。」
「もっと、もっとしてー。」
「淫乱めいを見てください。」


おまんこに二人の男の指をくわえ込んだまま
カラオケボックスの床にはいつくばり
腰を振りながら快楽を貪る。
男たちに慰み物として使われることに喜びを感じながら
DSCF2527.jpg

別窓 | 淫具 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
逃げられなくても・・・
2011-03-21 Mon 14:46
ランキングに参加しています。
banner02.jpg

痛いのに・・・こんなに起ってしまう私の乳首。
そんな姿を見ていただくことで喜びを感じる・・・


ほんの数秒だけうつむき耐えましたが
たった今逝ったばかりのその身体で
ヌルヌルのおまんこに埋め込まれたバイブが
振動すれば・・・。
数秒後には激しく身体を痙攣させ、叫びながら
達してしまう私がいました。

バイブの振動が止まると同時に
全身の力が抜け足を開いたまま床に腰を落とす私。
店長はそんな私に顔色一つかえずに近づいてくると
手にもったはさみで、ラバーショーツを引き裂きます。
とたんにおまんこに埋め込まれていたそのバイブが
ヌルリと糸を引きながら押し出されます。

そしてもう一歩近寄ると
自分の硬く大きくなったチンポを
無理やり咥えさせると息がつまるほど奥に押し付けます。
店長のチンポはとても太く大きく
えづきながら、涙を流しながら
今の私にはそれに逆らうすべもありません。
そのうちに頭が真っ白になり
全身が燃えるように熱くなったときに
喉の奥にドロリとした感触を覚えました。
彼の。。。そう、店長の精子が私の口に放出された瞬間でした。
別窓 | 淫具 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
欲しい(写真あり)
2010-01-18 Mon 16:53
ランキングに参加しています。
banner02.jpg

痛いのに・・・こんなに起ってしまう私の乳首。
やっぱり私はただの変態です。



尿を放ちながらも昇りつづけ意識は遠のいていきますが
四つんばいにさせられ尻を高くもちあげられると
再び彼の硬く熱いものが挿入されます。
私のおまんこは度重なる絶頂で言葉で表せないほどに濡れ
前戯なしでの挿入だというのにイヤラシイ音をたて飢えた獣のように
彼のものに纏わりついていくのがわかります。

たった数分前自分の口で飲みつくすように精液を吸いだしたばかりの彼のそれは
さらに硬く熱くなったように感じられ、もう理屈などではなく
私のおまんこはただ、それを貪り続けているかのようでした。
熱さと硬さと・・・その大きさを味わうようにおまんこの肉壁がからみつくのが自分でもわかります。

「欲しい・・・もっと欲しい・・・。」

体が勝手に動きます。
彼はゆっくりと出し入れを繰り返していましたが
私の腰が勝手に動いてしまいます。
意識を保つのもやっとだという状況の下で
腰を激しく振り続け叫び声をあげながら求めてしまうのです。
そしてそれからまもなくおまんこが激しく収縮し
子宮の中に熱いものを感じたところで意識が途切れました。

それからどれくらいのときが過ぎたのでしょう。
乳首とクリトリスにに痛みを感じ目が覚めました。
気づくとベッドに寝かされ手足が動けないように縛られた状態で
乳首とクリ両方にクリップが装着され、乳首のクリップのねじが締められているのでした。
私が目覚めたのに気づくと彼は無言で2つのロータを取り出すと
締め上げた乳首に当てます。
痛みと振動でおかしくなりそうです。
またもや昇りつめようとしたその瞬間ローターが止められます。
すると今度は仰向けの私の頭に彼がまたがり熱くなったものを
私の口に挿入するとそのまま体重を落としてきました。
喉の奥まで彼のものが挿入され、鼻も口も彼の体重で塞がれ
乳首もクリもクリップで強く挟まれその辛さに涙が流れます。
しかし、彼はその責めを緩めることもなく
自分の使いたいように動くことのできない私の口を使いつづけます。
やがて、再びあのトロリとした感覚が口の中に広がります。
しかし、今度は貪りつくす気力もありません。
ただ、排泄されたものが喉の奥に押し込まれ流れていくその感じは
まさに道具そのものでした。
考えることもできずグッタリしているとまた、体に痛みが走ります。
すべてのクリップのネジが締めなおされた上に
乳首のクリップについているチェーンを彼が引っ張ていました。

「痛いですか?」

彼は冷たく微笑んでいるように見えました。
しかし今の私には答える気力すらありません。

「ぅぅ。」

短く呻くのがやっとでした。
しばらく、チェーンをひっぱり乳首が伸びるたびに
私が呻く様を眺めていたかと思うと
クリトリスのクリップを上から強くおさえたりチェーンをひっぱったりします。
拘束されていては痛みから逃げることもできず、
その痛みを涙をながしながら受け入れるしかありません。
しばらく続いたその責めが突然終わるとまたローターが取り出されます。
そして、クリップを装着したままのクリにあてられ
スイッチが入れられるのでした。
そうされてしまうとまたしても体は激しく反応してしまうのでした。

こんなに痛いのに・・・。こんなに嫌なのに・・・。
DSCF2291.jpg

別窓 | 淫具 | コメント:4 | top↑
| 現実と妄想の間で・・・ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。