FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こんな時でさえも
2010-01-28 Thu 20:43
ランキングに参加しています。
banner02.jpg

痛いのに・・・こんなに起ってしまう私の乳首。
やっぱり私はただの変態です。


今日は朝から彼と逢い、軽い食事のあとホテルに向かう予定です。
駅で会いすぐに下着をはずすように指示されました。
またリモコンバイブを装着しはずしたパンティのかわりにラバーのショーツで
バイブが外に押し出されないように抑えます。

今日は彼の指示でニットのジッパーワンピース。
体にぴったりと纏わりつきジッパーは上からでも下からでも
どちらからでもはずせるタイプでした。

今日もいつもどおり電車では硬く起った乳首への愛撫と
体の奥深くに仕込んだバイブの振動で食事をするときには
すでに女芯は大きく膨らみ、おまんこからは淫汁が溢れていました。
かがむと乳首が見えるところまでジッパーを下げ
バイブの振動に耐えながら食事を終わらせ通勤する人々の波に逆らい
歓楽街へと向かいます。

しかし、着いたところはホテルではありませんでした。
そこはアダルトショップで、朝早いこの時間では準備中の札がかかっていました。
しかしドアは押すと開き、彼は中へと誘います。
一言店長に断りをいれると、バイブを選ぶように命じられました。
しかし、すでに体内にあるバイブが予期せぬタイミングで動き出し
なかなか買い物が進みません。
私が買い物に手間取っていると店長が彼に声をかけます。

「新商品が入荷しましたよ、見ますか?」

今までにも何度か買い物に来ているこの店では
彼は店長と顔見知りであろうということに私も気づいていました。

「はい、見せてもらえますか?」

「どうぞー。」

気軽に言うとカウンターへ移動します。
ごそごそと箱からバイブを出してくると、電源を入れて動かします。
少し大きめのそのバイブはいかにもいやらしくクネクネと動きます。
と、同時に私の中でもバイブがクネクネと動きます。

店長の手に持たれたバイブと体内の振動とがクロスして
ついに耐え切れなくなった私は声を漏らしてしまいました。

「あぁ・・・はぁ・・・。」

店長が自分の手元のバイブを止め私を見つめていました。
そのときリモコンが最強の振動にされ再び私は大きな声を出してしまいました。

「ああああ・・・。」

カウンターに両手をつきがっくりと頭を下げている私を尻目に
彼が店長に声をかけます。

「どうぞ。」

店長に手渡されたものはバイブのリモコンでした。

「へぇ・・・、いいねぇ・・・。」

店長はほんの少しの間リモコンと私の顔を見比べていましたが
カウンターを出て私の横に立つと一旦スイッチを停止し、
さげていた頭をあげさせそのまま横の壁に体ごと
もたせかけると一気にスイッチを最強にしたのでした
別窓 | 濡れる・・・ | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
見ていただける喜び(写真あり)
2010-01-03 Sun 17:57
ランキングに参加しています。
banner02.jpg

動けないようにきつく縛り犯されたい。
やっぱり私はただの変態です。


ひさしぶりにランキングが上がってきました。

ランキング上位に入るということはそれだけ沢山の方に
私のこのどうしようもなく淫らな心と体の動きを
見ていただけているということです。

ランキングへのバナーは自分の体を使っています。
皆様がクリックしてくださるときにこの体を見て
どんな想像をしているのかしら・・・
と思うだけで、この乳首は大きく膨らみ硬く尖ってきます。

舐めたり、噛んだり、潰したり、引っ張ったり
叩いたり、挿したり、垂らしたり・・・・
そんなことを想像しながらクリックしていていただけたら。。
そう思うだけでおまんこがキュンとなります。

記事を書きながら、これを読んでいただけるとき
皆様はどんなことを想像しているのかしら・・・・

文中の相手と同じように私を弄び軽蔑していることを想像しながら・・・。
自分ならもっともっと激しく責めると想像しながら・・・。
自分もめいを使いたいと思いながら・・・。

そう思いながら、私の淫乱さを蔑みながら
あそこを硬くして・・・先から透明な液体を滴り落としていてくだされば。。。
願わくば、その熱く硬くなったものから
白く濁った精子を口でもおまんこでも、アナルでも。。。
私の中に放出することを想像していてくれれば。。。
読んでくださる皆さんがそんなことを想像していたら
そう思うだけでどうしようもなくおまんこが熱くなり
中からはドロドロと液体が流れ出します。

そして、自分のブログを見ながら
そんなどうしようもないことを想像しながら
だれもいない部屋のなかで熱くなったからだを自分で慰めます。
次の日に痛みが残るほど乳首やクリトリスを自らひっぱり、ひねりつぶし
自分の中から流れでる淫らな汁を塗りつけ擦ります。

皆様の視線を想像しながら昇りつめ
乳首はこれ以上ないほど敏感に尖り
おまんこがすごい速さで痙攣します。
そんな瞬間にも望んでしまうのです。
見て欲しい、私のこの卑猥な体の動きを・・・
淫乱であばずれなこの体を・・・
皆様の指やちんぽでこのいやらしい動きを味わってほしい・・・と。
やがて、どんなにこらえていても大きな声が漏れ間もなく絶頂に達します。
体への刺激を止めても、体中の痙攣が続き息をするのもやっとです。

こんな姿をブログで晒し
「めいは淫乱で興奮しました」といわれることに悦びを感じてしまうのです。

だから、思うのです。
皆様に悦んでいただきたいといいつつ
本当は自分の望みを満たすために書いているのかもしれません。

DSCF2340.jpg DSCF2338.jpg

ランキングのアップに・・・
この浅ましいすがたをご覧いただければ幸いです。



別窓 | 濡れる・・・ | コメント:6 | top↑
感じています。
2009-11-30 Mon 20:55

ランキングに参加しています。
弄くってほしい。ひねりつぶしてほしい。
やっぱり私はただの変態です。


ブログ作成以来初の一日二度更新です。

今日、久しぶりにSMチャットに入りました。

そのサイトではプロフィール設定をしていて
その中ではこのブログにもリンクが設定されています。
ですから話しながら同時にこのブログを見ていただくことになります。

ほんの少しだけですが写真もあり
その刺激はまるで視姦されているようです。
「乳首みましたよ」
「結構綺麗な色ですね」
「へぇ、随分いやらしい言葉使っているねぇ」
「今もこんな風に濡らしているの?」

など。
音もない文字だけの世界の中で
まるでその文字に縛られるように私の体も反応していきます。
しかし私はチャットをしながら行為を行うことは滅多にありません。

もちろん体は熱く、その部分部分は硬くなりまたは
意思を持った別の動物のように勝手に蠢き
熱く粘つく液体を排出します。

しかし私はその体を一旦は抱きしめしばしの時の流れのあと
あらためてブログを開きその前で自分の体の変化を一つ一つ確認しながら
そのときの相手を思いつつ、そして願わくばその方が私の痴態を軽蔑しながらも
感じそしてその方の慰み者になれていることを思いつつ
腰を振り息を荒げながら昇っていきます。


・・・昨日の記事の拍手が増えていて驚きました。
拍手を下さった方々の精子の掃き溜めとして使っていただけていると思うと
それだけでまた流れだしてしまう私のおまんこです。

どうかこれからも飽きることなく私の痴態を見にきてください。
蔑まれることは私の喜びです。
別窓 | 濡れる・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
求めているもの・・・
2009-11-22 Sun 17:28

ランキングに参加しています。
弄くってほしい。ひねりつぶしてほしい。
やっぱり私はただの変態です。



随分とご無沙汰してしまいました。
なにかと忙しく、ブログからも遠ざかっていますが
コメントを下さった皆様ありがとうございました。

私のブログを見て興奮した・・・と言われると
どんなに長い間遠ざかっていようと、
やはり牝の血が、いや、変態の血が騒ぎ出します。
みじめで淫靡な闇のなかに引き戻されてしまいます。
それもあっという間に。

心臓がドキドキと高鳴り、乳首が硬くとがってくるのがわかります。
そしていつものように
「見て・・・見て・・・」とどうしようもなく卑しい思いにとりつかれ
まるでそこだけ別の生き物のように、おまんこからは熱い汁が流れ
ヒクヒクと動き出します。


丁度、このブログの最初の頃の記事を他の掲示板に掲載していたとき
痴漢ではないカテゴリである募集記事を見つけました。
それはある実験の被験者の募集でした。

被験者は全裸で拘束され、その状態で言葉や刺激などの性的刺激を
複数の男性から与えられる。
言葉による刺激もあれば、物理的な刺激もある。剃毛も条件でした。
そしてその結果、体に起こる変化のデータを体外・体内のものともに収集されるというものでした。
見知らぬ男達に体中をくまなく見つめられ弄くられながら何度も絶頂を迎える。
乳首は硬くとがり、剃毛されたおまんこからは淫汁が流れ続ける。
股を大きく開かれ閉じられないようにされたままおまんこを覗かれながら、
いやもしかしたらおまんこの中まで大きく開かれて覗かれながら
そこを痙攣させながら逝き続ける姿をじっくりと見られ記録される。
その実験は失神するまで続けられると書かれていました。
もし、失禁してしまった場合はきちんと手当てをするので安心してくださいとも書かれていました。

こんな屈辱的なことはありません。
一番見られたくない姿を、最も無防備な姿を
しかも見も知らずの複数の男達の前に晒すなんて。。。

この記事は数日のうちに削除されました。
場所も遠く当然怖さもあり応募には至りませんでしたが
あれから何年にもなるのにこの記事が忘れられません。
いえ、いつもその思いにとりつかれているわけではないのですが
事あるごとにあの記事を思い出します。
そして、昨日久しぶりにブログを見た私は
この実験の被験者となっていました。
長らく留守にしていた間にコメントを下さった皆様の被験者となり
卑しく惨めな姿を皆様に晒していました。

自分の指を挿入し、グニグニと動く自分のおまんこを感じながら
「めいの淫乱おまんこが動いています。」
「あぁ、見てください。見てください。。。」と心で叫びながら
あっという間に達してしまいました。

そして今もまた・・・。
別窓 | 濡れる・・・ | コメント:0 | top↑
| 現実と妄想の間で・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。