FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある日の出来事
2013-05-14 Tue 13:26
banner上
ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
四つん這いになり、二人の男の指をおまんこに咥えこんだまま
あっというまに逝き果ててしまいました。

「すごい締め付けるマンコだな」

「指、ふやけてるぜ、ほら。」


彼らの指は私のマンコ液でふやけてシナシナになっていました。
その先にはドロリと白濁した液がついていて
目の前に差し出されたその指を朦朧とした意識のまま
舐めて綺麗にしていると、一度立たされその手を
座っているだれかの膝につかされ尻を高く持ち上げた体制にされると
途端に、後ろからおまんこをつきあげられます。

今、いったばかりの痙攣するおまんこに
彼の熱く硬いチンポが挿入されます。
一度深くつきさされたチンポがゆっくりと抜かれ
ゆっくりと挿入されていきます。
あるものはその結合部を写真に収め
別のだれかが私の硬くなった乳房を捻りあげます。

「いつもより締まってるじゃねーか。」
「やべ、おれ、すぐ逝っちゃうそうだ。」


チンポがマンコをグチュグチュとかき混ぜるおとがマイクで拾われ
いやらしくエコーして部屋中に響きます。
膝を借りているだれかは、私の顔のすぐ傍で
自分のチンポをしごいています。

そのチンポは硬く赤く燃えるようで
先からは透明な液がドロドロと流れています。

「ほらFのチンポ、お前の姿見てそんなんなってるぞ、
よーく見てみろよ。」


目の前でしごかれているそのチンポは
波打っているのがわかるほど膨れていて
いまにも逝きそうです。
そんなチンポをみせられてはおまんこが締まる一方です。
彼の抜き差しのスピードが速まります。

「ああああ!おまんこ擦れる。気持ちいいです。
 逝く、逝く、めいの淫乱まんこがいきます。
 皆さま見てくださいいいいい。」


彼のグラインドも、目の前のチンポのしごかれるスピードも
私のマンコの痙攣も最高のスピードに達したとき
目の前の逝きたったチンポから白いものがドロドロと吐き出され
マンコには熱いものを感じ、ガクリと両膝をついてしまいました。
他にも、同時に射精を迎えた男性もおり
カラオケの中の時間が一瞬とまりました。
別窓 | 淫具 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 現実と妄想の間で・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。