FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こんな時でさえも
2010-01-28 Thu 20:43
ランキングに参加しています。
banner02.jpg

痛いのに・・・こんなに起ってしまう私の乳首。
やっぱり私はただの変態です。


今日は朝から彼と逢い、軽い食事のあとホテルに向かう予定です。
駅で会いすぐに下着をはずすように指示されました。
またリモコンバイブを装着しはずしたパンティのかわりにラバーのショーツで
バイブが外に押し出されないように抑えます。

今日は彼の指示でニットのジッパーワンピース。
体にぴったりと纏わりつきジッパーは上からでも下からでも
どちらからでもはずせるタイプでした。

今日もいつもどおり電車では硬く起った乳首への愛撫と
体の奥深くに仕込んだバイブの振動で食事をするときには
すでに女芯は大きく膨らみ、おまんこからは淫汁が溢れていました。
かがむと乳首が見えるところまでジッパーを下げ
バイブの振動に耐えながら食事を終わらせ通勤する人々の波に逆らい
歓楽街へと向かいます。

しかし、着いたところはホテルではありませんでした。
そこはアダルトショップで、朝早いこの時間では準備中の札がかかっていました。
しかしドアは押すと開き、彼は中へと誘います。
一言店長に断りをいれると、バイブを選ぶように命じられました。
しかし、すでに体内にあるバイブが予期せぬタイミングで動き出し
なかなか買い物が進みません。
私が買い物に手間取っていると店長が彼に声をかけます。

「新商品が入荷しましたよ、見ますか?」

今までにも何度か買い物に来ているこの店では
彼は店長と顔見知りであろうということに私も気づいていました。

「はい、見せてもらえますか?」

「どうぞー。」

気軽に言うとカウンターへ移動します。
ごそごそと箱からバイブを出してくると、電源を入れて動かします。
少し大きめのそのバイブはいかにもいやらしくクネクネと動きます。
と、同時に私の中でもバイブがクネクネと動きます。

店長の手に持たれたバイブと体内の振動とがクロスして
ついに耐え切れなくなった私は声を漏らしてしまいました。

「あぁ・・・はぁ・・・。」

店長が自分の手元のバイブを止め私を見つめていました。
そのときリモコンが最強の振動にされ再び私は大きな声を出してしまいました。

「ああああ・・・。」

カウンターに両手をつきがっくりと頭を下げている私を尻目に
彼が店長に声をかけます。

「どうぞ。」

店長に手渡されたものはバイブのリモコンでした。

「へぇ・・・、いいねぇ・・・。」

店長はほんの少しの間リモコンと私の顔を見比べていましたが
カウンターを出て私の横に立つと一旦スイッチを停止し、
さげていた頭をあげさせそのまま横の壁に体ごと
もたせかけると一気にスイッチを最強にしたのでした
別窓 | 濡れる・・・ | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
<<逃げられなくても・・・ | 現実と妄想の間で・・・ | 欲しい(写真あり)>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-01-29 Fri 02:11 | | #[ 内容変更] | top↑
ありがとうございました。
体の芯が熱くなるようなコメントをありがとうございました。

いただいたお言葉を拝見しながらも
物欲しそうに動き、反応してしまう自分の体に
己の性の強欲さをいまさらながらに思い知らされました。

これからも、この狂った獣の行く末を見つめ続けていていただければと思います。

2010-01-29 Fri 20:21 | URL | めい #-[ 内容変更] | top↑
チャットお相手ありがとう。
日記読んで勃起しました。
写真で逝きますね。
2010-02-01 Mon 01:29 | URL | レイジ #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。
普段、普通にお話をしている方にそんな風に言われると
とても恥ずかしくて本当にドキドキとしてしまいます。
と、同時に私の中に眠る魔物が目を醒ましてしまいそうです。

でも、これからも会ったらまた「普通」にお話してください(笑)。
ストレートなメッセージ嬉しかったです。

2010-02-01 Mon 09:19 | URL | めい #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-02 Tue 02:47 | | #[ 内容変更] | top↑
いつも・・・
ありがとうございます。
なんで、こんなに淫らなんでしょうね。

ここにいるときはいつでも無理やりにでもこじ開けて
この淫乱な体の奥の奥まですべてを見て欲しい・・・と
望んでしまうんです。
きっと、この性は一生持ったままなんでしょうね。
罪深いことです。
2010-02-02 Tue 13:06 | URL | めい #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-15 Mon 00:30 | | #[ 内容変更] | top↑
ありがとうございました
淫らだと言われるだけで熱くなる。
心が感じているのか身体が感ているのか。

自分の内に潜む獣と戦う日々です。
でも、粉々に壊されたいというのが本心なのかもしれません。

これからも感じていただければ嬉しく思います。
2010-02-16 Tue 20:47 | URL | めい #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-08-10 Tue 00:40 | | #[ 内容変更] | top↑
まさか・・・
コメントをいただいているとは思いませんでした。

コメントを読んで、先日可愛がりすぎた乳首がズキリと脈を打ちました。
全部見られたことはとても恥ずかしいと思います。
しかし、これで勃起したと聞けばやはりまた欲してしまうのでしょう。

私の中に住むのはそんな魔物です・・・
2010-08-10 Tue 14:17 | URL | めい #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 現実と妄想の間で・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。